BMW R100GS サイドスタンド加工

BMW OHVボクサー系の純正サイドスタンドの使い勝手は良くありません。(オートリターン式&乗車したまま出せない)

RSなどは簡単に社外のスタンドが手に入りますが、GS系はまったくの別物で手に入りずらいです。

海外製社外品を取り付けたことがありますが、シフト操作がしずらくなったり車体が傾きすぎるといった弊害があり

結局、加工して取り付けた経緯があるので今回は純正品を利用して乗車したまま出せるスタンドを製作してみました。

まず、丸棒を曲げてエクステンションを製作。

出しやすく、運転中も邪魔にならない場所にエクステンションをもっていきます。

棒の長さ、角度調整作業を何度か繰り返して位置決め後に溶接。

オートリターン機能をキャンセルする為にスプリングの位置も調節。

スプリングのテンションが緩過ぎてもキツ過ぎても不具合が出るので最適な位置を見つけます。

 

加工完了後、仕上げに塗装して完成。

大仰なスタンドになりましたが、使いやすさ優先なので・・・

 

 

ただ単にスタンドを出し入れしているだけですが、動画にしてみました。よければご確認ください。

 

関連記事

  1. お問合せフォームについて
  2. MAGNI Arturo 1000 テールランプ製作
  3. 1983年式 MHR900 整備
  4. 850T3 & 900MHR バルブクリアランス調整
  5. R65 中古車 BMW R65 入荷しました
  6. MAGNI Arturo 1000 メンテナンス①
  7. BMW R65 バラシ完了
  8. MAGNI Arturo 1000 配線修理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP