DUCATI Sport1000 タイミングベルト交換

タイミングベルト交換で入庫のO様のSport1000。

メーカー推奨の交換サイクルは2年もしくは2万キロ 。お財布に優しい設計ではありません・・・

最新ツインカム系のエンジンだとそうはいきませんが、ベルトカバーを外すだけでアクセスできます。

 

今回はベルトを回すプーリーのオイルシールから漏れがありましたのでそちらも交換。

 

シール交換の為にプーリーを脱着しますが、SSTが必要になります。

 

柄のついた方でプーリーをロックして4爪のホルダーで特殊ナットを回して外します。

 

ベルトはオイルに弱いので漏れがあればシールは必ず交換します。

 

オイルシール交換。右が新しいオイルシール。

 

ベルトのカスとオイル汚れを掃除してから、新しいベルトを組み付けてテンション調整。

試走後、ベルトのテンションを再確認して整備完了です。

 

O様ご依頼いただきありがとうございました。

関連記事

  1. MAGNI Arturo 1000 テールランプ製作
  2. MOTOGUZZI LemansⅠ レストア入庫
  3. MOTOGUZZI オイルポンプ交換
  4. お問合せフォームについて
  5. YAMAHA FT50 レストア入庫
  6. MAGNI Arturo 1000 カウルステー修理 ②
  7. ZRX ZRX1200DAEG マルケジーニ取付
  8. 1984年式 900MHR 整備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP