MAGNI Arturo 1000 メンテナンス②

メンテナンス中のM様所有のアルチューロは貴重なドラムブレーキ仕様!

MAGNI Arturo

素材はマグネシュームでしょうか。かなり軽量です。

DSCF9365

ドラムに合わせてフォークの形状も異なってます。

  • スタンダード(オニギリキャリパー)
  • フローティング+4PODキャリパー
  • メナーニのドラムブレーキ

上記3種類が新車オーダー時にオプションで指定ができたようです。

P1020935

ホルダーはかわった作りです。ホルダー側にタイコはいません。

P1020936

「滑車」が妙にカッコイイ!

機能面ではツッコミどころありますが・・・

 

 

オーナ様が悩まされていたヒューズ切れ原因はココでした。

マーニアルチューロ

フォーク、ハンドルクランプのすぐ下にスパークした跡がありました。

マーニアルチューロ

原因はこのギボシ。余った配線の処理が原因です。

確証はありませんがアチューロの配線は他車のものを流用して装着していると思われます。なので必要のない配線もあります。

国産車では考えられませんが、手作りなオートバイなので寛大な精神でお付き合いお願いします!

 

どうでもよいことですが・・・

店主所有のアルチューロとキャリパーブラケットにつくロッドの形状が異なっていました。

マーニアルチューロ

手に持っているのはフレームナンバー130番台のモノ。

以前、整備させていただいたスフィーダや販売車両についているのもこちらでした。

メンテ中の車両のナンバーは2桁台前半でしたが、初期に近いものはピロボールのロッドなのか?

「あったモノ付けましたぜ!」って感じのノリなのか?

情報ありましたら教えていただけると嬉しいです!

 

話がそれましたが、カーブドマフラー装着しました。

P1020937

ロゴ入りテープが嬉しいですね。

こういった部品を手配してくださるお方の存在は本当にありがたいです。

P1020938

取付けには一手間いりましたが、無事装着完了!ジェットは番手の大きいものに交換。

P1020939

ラフランコ―ニよりもかなり抜けが良いです。軽量なのも魅力ですね。

音量は適度で音質も考えられているようです。グラスウールの詰め方にもノウハウがあるのでしょう。

自分用に欲しいです・・・・・・

 

ということで整備完了です。

M様、遠方よりご来店ありがとうございました。カーブドマフラーのインプレ楽しみにしております♪

 

 

 

 

 

関連記事

  1. MAGNI Arturo 1000 メンテナンス①
  2. 1983年式 MHR900 車検整備
  3. 850T3 & 900MHR バルブクリアランス調整
  4. Paris Dakar SOLD OUT!
  5. MAGNI Arturo 1000 テールランプ製作
  6. MAGNI Arturo 1000 カウルステー修理 ②
  7. MAGNI Arturo 1000 カウルステー修理 ①
  8. MAGNI Arturo 1000 リペイント&整備

コメント

  1. ルマン会議で御一緒しており あるちゅうと申します。 
    ブロク記事楽しく拝見しております
    Mさん アルチューロ快調になりましたね
    リアのトルクロッド3タイプあるようです イタリアですね。

  2. ルマン会議で御一緒しております あるちゅうと申します。 
    ブロク記事楽しく拝見しております
    Mさん アルチューロ快調になりましたね
    リアのトルクロッド3タイプあるようです イタリアですね。

    すみません 脱字がありました。

    • ジュニア
    • 2016年 9月 09日

    アルチューのマーニ様

    コメントありがとうございます。
    こちらもブログ楽しく拝見させていただいております。

    トルクロッド、3種類でしたか!
    フレームナンバ末期の車両はさわったことがないです・・・
    まだまだ経験不足ですね。

    今までの会議ではなかなかお話しする機会がありませんでしたが、来年はじっくりお話しを伺いたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP