850T3 & 900MHR バルブクリアランス調整

バルブクリアランス調整で入庫の850T-3。

モトグッチ 850T-3

 

 

 

 

ルマンに比べてヘビーなフライホイール、加速ポンプ無しのキャブで少しおとなしめの性格ですが、

ジェントル過ぎずしっかりと主張するエンジンで乗っていて楽しいバイクです。アップハンなので長距離も楽ちん。

 

モトグッチ 850T-3

 

 

 

 

 

少しクリアランスが狭まっていたので、規定値に調整。ガスケットは再利用。

スタッドも点検しましたが、増し締めは必要ありませんでした。

試運転後、少し濃い目に感じたのでミクスチャーを調整。スロットルの同調もとって作業完了♪

 

続いて点検整備で入庫中の900MHRもバルブクリアランス調整。

900mhr

 

 

 

 

 

900mhr

 

 

 

 

 

900mhr

 

 

 

 

 

 

Vバンク、0バンクともにクリアランスがほぼ無い状態でした。VバンクEx側で0.03ほど。

 

4バルブすべてのシム交換しました。

900mhr

 

 

 

 

 

規定値よりも若干広めのセットにしております。

グッチ系に比べて行程が多いので時間はかかりますが、やっていて楽しい作業の一つです~♪

 

関連記事

  1. MAGNI Arturo 1000 リペイント&整備
  2. MAGNI Arturo 1000 テールランプ製作
  3. MAGNI Arturo 1000 メンテナンス②
  4. Lemans1000 サイドカー キャリパー交換
  5. 1984年式 900MHR 整備 ①
  6. Paris Dakar SOLD OUT!
  7. R100GS PARIS DAKAR 中古車入荷
  8. MAGNI Arturo 1000 配線修理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP