MAGNI Arturo 1000 カウルステー修理 ①

昨日、修理入庫したマーニアルチューロ。

マーニ アルチューロ

 

 

 

 

なんだか申し訳なさそうにお辞儀しています・・・。

DSCF9258

 

 

 

 

ライトステー兼カウルステー破断。

DSCF9265

 

 

 

 

 

バラシてみると完全に割れてました。ココも折れるんですね~(汗)

マーニのヘッドライト関係の配線はカプラー無しで「親」からチョク。

マーニ アルチューロ

 

 

 

 

 

ライトを取り外すのは少々手間がかかるので、溶接&塗装が済むまでストックのステーを装着。

今まで気にしていませんでしたがステーの加工が異なっていました。

DSCF9267

 

 

 

 

 

製造時期によって異なるのでしょうか。それともその時の気分?

後者の方が可能性高い気がしますが・・・

マーニ アルチューロ

 

 

 

 

以前、レストアした車両のステーは画像左の「潰し」タイプでした。

アルチューロorスフィーダをお持ちの方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 850T3 & 900MHR バルブクリアランス調整
  2. お問合せフォームについて
  3. BMW R65 組み上げ完了
  4. R65 中古車 BMW R65 入荷しました
  5. 1983年式 MHR900 整備
  6. DUCATI Sport1000 タイミングベルト交換
  7. YAMAHA FT50 レストア入庫
  8. 1984年式 900MHR 整備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP