1984年式 900MHR 整備 ①

個人売買で購入後、点検整備で入庫のH様、900MHR。

84年式最終型。エンジンの耐久性向上、乾式クラッチ、セルスタートオンリーなベベルの完成系的存在ではないでしょうか。

P1020628 

整備していく前にまずはそのままの状態で試運転。

アフターファイヤなど色々と気になる箇所はありましたが、その中でもステアリングの振動は異常でした。

40Kmあたりから振動を感じます。

スピードの上昇に比例して症状は顕著にあらわれ大きく振れだします。手放しなんてとても出来ない・・・

 

外装を取り外して各部点検。

P1020631

 

 

 

 

 

 

900mhr

 

 

 

 

 

 

各部ボルト点検。エンジンハンガーボルトが緩かったので、適正トルクで増し締め。

純正エアクリーナー付きはレアですね。整備性のこともあり取り外しされた車両がほとんどではないでしょうか。

 P1020659

 

 

 

 

 

インシュレーターは交換です。

P1020668

 

 

 

 

 

 

アフターファイヤの原因は二次エアー混入でしょうか。新品交換後にキャブ調整も行いましょう。

 

P1020632 

 

 

 

 

 

P1020655

 

 

 

 

 

 

P1020641

 

 

 

 

 

 

ホースやケーブルの取り回しはイマイチです。

ホースが邪魔をしてフルにハンドルを切ることが出来ません。劣化もしているので交換したほうが無難です。

 

P1020654

 

 

 

 

 

ステムベアリング点検。交換された様子は無くスムーズとは言えない動きです。

P1020657

 

 

 

 

 

 

メーターギアはバラして清掃グリスアップ。

壊れてしまった物は大概グリスアップが不十分です。車検の時ぐらいはメンテしたい箇所の一つですね。

 

P1020630

 

 

 

 

 

ホイールベアリングも痛み有り。在庫があったので新品投入。ホイールの振れは許容範囲でした。

 

P1020665

 

 

 

 

 

 

クラッチジャダーもあったので点検。

オイルリークしていました。オイルシール、ガスケット交換。ディスクは清掃が必要。

P1020669

 

 

 

 

 

点火時期はVバンクの点火時期が早すぎたので正規の位置に調整。

スクエアケースに比べるとかなり調整し易いです。ピックアップの配線は修理されているようで問題無しでした。

 

本日はここまで。

デスモシム、etc・・・の点検もしていく予定です。

色々と改善箇所が出てきましたがH様からは既にゴーサインが出てますので進めていきます!

H様は28歳でベベルに挑戦のチャレンジャーです。

同世代の方がクラシックバイクに興味を持っていただけて嬉しいです。

お力になれるように精一杯やらせていただきますのでよろしくお願いします。

関連記事

  1. BMW R100GS サイドスタンド加工
  2. MAGNI Arturo 1000 テールランプ製作
  3. MAGNI Arturo 1000 リペイント&整備
  4. Lemans1000 サイドカー キャリパー交換
  5. MAGNI Arturo 1000 メンテナンス①
  6. MOTOGUZZI LemansⅠ レストア入庫
  7. MAGNI Arturo 1000 配線修理
  8. MAGNI Arturo 1000 メンテナンス②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP