スーパーセブン 1700BDR

オートバイのお店ですがたま~に4輪も整備したりしてます。

このセブンにはコスワースチューンのエンジンが搭載されておりますが、、、

こいつが曲者でカムプーリーのオフセットキーがなかったり、カムホルダーがホール式だったりと玄人好みの仕様となっております。

クランクシール、オイルパン、ヘッドのベースガスケットなどの様々な個所からオイル漏れ有り。エンジンを降ろして作業・・・

ガスケット、シール類はすべて交換!

ただ単にバラシて組むだけではありません。

パーツの一つ一つを点検、清掃して組み上げていきます。

点検中に見つけてしまいました・・・クランクプーリにクラック

(分かり易いように削ってます)

こいつが飛ぶと間違いなくエンジンおしゃか。国内に新品部品があったので即交換。

色々な流派があると思いますが、今回はエンジンとミッションを組んだ状態でシャシーとのドッキング作業に移ります。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スムーズに作業にしているように見えますが、実は途中でラッシングベルトをかけているエンジンステーが邪魔になることに気づいてやり直ししてます(汗)

ドッキンング完了!

無事にエンジンかかりました。年内には納車できそうです。

 

関連記事

  1. MAGNI Arturo 1000 カウルステー修理 ②
  2. 1983年式 MHR900 整備
  3. MAGNI Sfida 1000 EPMホイール取付け
  4. モトグッチ 塗装 ホイール塗装
  5. MAGNI Arturo 1000 テールランプ製作
  6. MAGNI Arturo 1000 リペイント&整備
  7. MAGNI Arturo 1000 配線修理
  8. DUCATI Sport1000 タイミングベルト交換

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP