MOTOGUZZI オイルポンプ交換

オイルプレッシャーランプが点灯で入庫。

全くオイル圧があがっていないわけではないようで、最悪の事態は回避してました。

原因はオイルポンプの摩耗(左が外したモノ、右が新品)

ポンプの役割を果たすために非常に精密に作られていますが、

現物はボデーに傷が多数ありで、圧が逃げてしまう状態でした。

原因はおそらくオイル管理・・・

エンジンオイルはまずまずでしたが、オイルフィルターはかなり古そうなものが、、、

モトグッチのエンジンはオイルフィルターを交換するために

オイルパンの脱着が必要なので交換サイクルが長くなっている車両が少なくないです。

 

思いあたる方は要チェックです!

関連記事

  1. MAGNI Sfida 1000 EPMホイール取付け
  2. 850T3 & 900MHR バルブクリアランス調整
  3. MAGNI Arturo 1000 テールランプ製作
  4. 1984年式 900MHR 整備
  5. 1984年式 900MHR 整備 ①
  6. MOTOGUZZI LemansⅠ レストア入庫
  7. MAGNI Arturo 1000 カウルステー修理 ②
  8. BMW R100GS サイドスタンド加工

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP